HOME>トピックス>見た目と機能の両方を改善するために治療する

歯を少しずつ動かしていく

診療室

京都で行う矯正歯科治療は、基本的に自然と悪くなってしまった歯並びを改善させることを目的としています。専用の器具で歯に力を加えて、正しい形へと誘導します。歯は並びが悪くても、その状態で根元のあごの骨としっかり密接しています。そこに力を与えると非常に小さなレベルでの隙間ができます。その状態を維持すると、骨の自己治癒能力によって隙間が新しい組織で埋められます。その一連の流れを繰り返すことで、歯並びの良い状態を作り上げるわけです。治療は歯にかかる負担が少なく済むように進められるため、無理な力はまずかかりません。したがって1年から2年程度をかけて、じっくりと進めていくのが特徴です。

メリットが複数ある

歯科衛生士

京都で矯正歯科治療が順調に進めば、まず見た目が良くなるため歯を人に見せることへの抵抗感が減ります。そして歯の並びが均一になることで、歯ブラシの先端が隙間に入り込みやすくなり、ブラッシングケアの効率が高くなります。

目立たないタイプがある

女性

矯正歯科治療の方法は、スタンダードなワイヤーや透明なマウスピースの使用など色々ありますが、基本的には歯に力を加えて少しずつ移動させる形です。ワイヤーだとサイズが大きく口を開くと目立ってしまうため、他の人に気付かれたくない場合は、マウスピースや歯の裏側に取り付ける器具が適しています。特に大人の場合は矯正歯科治療が足を引っ張らないように、京都でも目立たないタイプが選ばれます。

広告募集中